03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

戯言だらけ。

何か色々やってます。

このブログについて。

ブログ訪問有難う御座います。
このブログでは遊戯王関連のことを記事にしています。
※この記事ではなく、この記事の一個下の記事が最新の記事となっています。
なお相互リンク、ブロともなどはいつでもOKです。ご自由にどうぞ。
※追記中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | コメント: -- | edit

「恋愛観測」のH29を早く打てるようになりたい。 

出ないと思ってた魔導の新規とか今現時点での構築とかについて色々。
タ イ ト ル と の 関 連 性 は 一 切 あ り ま せ ん 。

≪魔導化士マット≫
効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻1600/守 900
1ターンに1度、デッキから「魔導書」と名のついた
魔法カード1枚を墓地へ送る事ができる。
この効果を発動したターンのエンドフェイズ時、
自分の墓地の「魔導書」と名のついた魔法カードが5種類以上の場合、
このカードをリリースする事で、
デッキから魔法使い族・闇属性・レベル5以上のモンスター1体を特殊召喚する。



≪魔導冥士ラモール≫
効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1600
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分の墓地の「魔導書」と名のついた魔法カードの種類によって以下の効果を適用する。
「魔導冥士 ラモール」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
●3種類以上:このカードの攻撃力は600ポイントアップする。
●4種類以上:デッキから「魔導書」と名のついた魔法カード1枚を手札に加える。
●5種類以上:デッキから魔法使い族・闇属性・レベル5以上のモンスター1体を特殊召喚する。



≪セフェルの魔導書≫
通常魔法
自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在する場合、
このカード以外の手札の「魔導書」と名のついたカード1枚を相手に見せ、
「セフェルの魔導書」以外の自分の墓地の
「魔導書」と名のついた通常魔法カード1枚を選択して発動できる。
このカードの効果は、選択した通常魔法カードの効果と同じになる。
「セフェルの魔導書」は1ターンに1枚しか発動できない。


・≪魔導化士マット≫について
まず、デッキから「魔導書」と名のついた魔法カードを墓地に送る効果ですが、「魔導」達と強力なシナジーを形成している「魔導書」をそのまま墓地に送るのは、「自分の持っている強い札」を自分から食い潰しているようなものだと考えています。非常にもったいないです。
また、この効果も合わせたと考えても、特殊召喚を行う条件である「5種類以上の魔導書」が墓地に揃うことはかなり難しいと思います。≪ゲーテの魔導書≫を使っているなら、より難しいものになっていきます。更に、この条件を満たして後述する≪魔導冥士ラモール≫などを特殊召喚出来たとしても、それに見合う恩恵はあまり期待出来ないと思います。なら、≪魔導召喚士テンペル≫を入れた方がずっと安定するな、というのが自分のこのカードに対する感想です。

・≪魔導冥士ラモール≫について
最初にこのカードの召喚・特殊召喚が面倒です。そこは前述した≪魔導化士マット≫などで出すしかありません。
次に墓地の魔導書の枚数によって発動される効果ですが、実質的なアドバンテージを得られるのは「4種類以上」の効果と「5種類以上」の効果の2つと考えていいと思います。
また、その効果も、わざわざこのカードのために「魔導書」を4、5枚墓地に貯めることに対する労力と見合ってる気がしません。
以上のことから、このカードを入れるメリットはかなり少ないと思います。

・≪セフェルの魔導書≫について
「魔導書」共通の「○○の魔導書は1ターンに1度しか発動出来ない」の効果を取っ払ってくれたような効果です。ただ、通常魔法の「魔導書」限定なので、≪トーラの魔導書≫や≪ゲーテの魔導書≫などは対象に出来ませんが、十分に強力だと言える「魔導書」です。例えば、

≪グリモの魔導書≫→もう一度サーチを行うことで効率の良いデッキ圧縮が出来る。

≪ヒュグロの魔導書≫→ATK2000UPで大体のモンスターを戦闘破壊可能に&1度の戦闘でデッキから2枚の「魔導書」をサーチ可能に。

などなど、通常魔法の「魔導書」などでも十分すぎる強さを秘めたカードになっています。
また、このカードを使用することで必然的に「墓地に送られる「魔導書」の枚数」は増加し、≪ゲーテの魔導書≫の3つ目の効果がかなり使いやすいものになります。

後、イラストがカッコイイと思った(厨二感)


・今 日 の デ ッ キ レ シ ピ


こんな感じになりました。
前に書いた記事のレシピと比較すると、結果的に罠が完全になくなり、代わりに≪エフェクト・ヴェーラー≫や≪冥府の使者ゴーズ≫などの手札で発動するカードなんかが入りました。
こうなった理由は、罠だと「先攻でのぶん回し」に対応できず、こちらがろくに手札が整っていない状況でキルされることが多かったからです。
また、≪エフェクト・ヴェーラー≫はチューナーとして他のモンスターと色んなものに化けてくれたり、≪冥府の使者ゴーズ≫は相手の≪ナチュル・ビースト≫などを対処してくれたり、「防御」とは違う別の役割もきっちりと果たしてくれてかなり便利です。
その他のカードですが、≪魔導戦士ブレイカー≫と≪ブラックホール≫が若干怪しい感じになってきてます。強いことは強いのですが、何かパズルのようにピッタリとハマった感覚がありません。今でも悩んでます。

とりあえず、「これ抜いてこれ入れた方がいいんじゃない?」といった意見があったら、是非コメントをお願いします。最後に、こんな長い記事をここまで見てくださり、有難う御座いました。
以上、生存報告でした(迫真)
スポンサーサイト
2012/11/11 Sun. 01:16 | trackback: 0 | コメント: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://dousiyou221.blog.fc2.com/tb.php/80-4fa7efff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。